同期

2011年07月08日


IPhoneとiTunesとで同期をとっている場合、何度も同期に失敗する事があります。自分の場合はそれが原因でiTunesを使うのを止めていたくらいです。iTunesに接続して同期をするだけでパソコンがフリーズするので、まったくやる気になりません。

散々インターネットで調べても原因が掴めず、USBデバイスが悪いのかと思いUSBインターフェースカードの交換。USBコネクタの交換まで行いましたが結局駄目。この症状が出だしたのがWindowsXPからWindows7に変えてからだったので、OSに起因した問題かとも思いましたが、結局原因が解明できずでした。

暫くした後に、この状態を解決できる方法がブログで紹介されていました。方法は次の通り。

1.iTunes を開きます。
2.「編集」メニューから「設定」を選択します。
3.「デバイス」タブをクリックします。
4.「同期の履歴をリセット」ボタンをクリックします。


この操作を行ったら、同期が上手くいくようになりました。

だたし、この操作はiTunes側とiPhone側の同期情報を削除する為、
iTunes(OS側)に登録されている情報と、iPhone側に登録されている情報を統合、追加の選択を再度やり直す必要があります。
例えばOSのアドレス帳に新規アドレスを登録した状態でiPhoneと同期をすると、差違がある情報をどう扱うかを聞かれると思いますが、それと同じ事をやらないといけません。

以下、Appleのサポート情報です。

同期の履歴をリセットする
デバイスにデータの一部を同期できても、予期せぬ変更事項や修正が加えられている場合は、同期の履歴のリセットが必要になる場合があります。同期の履歴をリセットすると、次回、情報を同期しようとしたときに、デバイスの情報を結合する/置き換えるかどうかを確認するメッセージが iTunes に表示されます。同期の履歴は、下記の手順でリセットします。

バックアップデータの削除等、色々と試しましたが、この方法が今のところベストです。


(00:38)