2009年09月05日


Internet Explorer6 sp3から追加された機能として、
"スクリプトによる貼り付け処理の許可"という機能があります。
この設定が"無効"になっているとブラウザ上で貼り付けが出来ません。

設定の確認方法は以下の通り、

"スクリプトによる貼り付け処理の許可"の確認方法

①IEのセキュリティ設定を開く
 [InternetExplorer]→[ツール]→[インターネットオプション]→[セキュリティ]を開きます。
②レベルのカスタマイズより設定値を確認
 [レベルのカスタマイズ]から"スクリプトによる貼り付け処理の許可"の設定を確認して下さい。

この設定が"無効"になっている場合、
ブラウザ上にて貼り付け操作をする事が出来ません。

クリップボードの中身が消えたのかと思い、
これはウィルスの仕業か!?とも思ったんですが・・・。

IEの仕様なんですねぇ(苦笑)

この設定を行うことでスクリプトからクリップボードに対するアクセスが出来なくなります。
知らない間に、JavaScriptによりクリップボードの中身が盗み見られるという
問題を防ぐことが出来るのでセキュリティ設定に入っているという訳でした。

結構、重要な設定なんですねこれ。

(13:37)

トラックバックURL